IT企業広報で二児の母

小2女子と2歳男子を抱えながら、IT企業の事業、サービス広報を行っています。仕事や、育児しながら働くことについて書いていきます。

PRプランナー試験 一次、二次、三次試験対策ポイントまとめ(二児育児しながら一発合格しました)

2016年5月に第二子を出産、2017年4月に復職し、気がつけばもうすぐ第二子の長男も2歳です。復職してからは1年経ちました。早い。
1年間、産前の仕事の広報・ブランディング業務に戻らせていただき、無我夢中で走ってきました。

その中で、PR業務の知識の整理と社内認定資格取得のため、並行してPRプランナーを受験していました。

PRプランナー試験は、一次試験〜三次試験の3回受験で1セットとなっており、受験機会は年2回(前期が3月〜7月で3回受験、後期が8月〜1月で3回受験)です。

小1・1歳の二児を抱え、私は後期に受けたので夏休み前〜年度末にかけての長丁場。
しかも業務も昨年度下期はかなり多忙だったので、綱渡りしながらジャグリングするくらいのアクロバティックさでしたが、なんとか一発合格できたので、ざざっと対策をまとめました。 

続きを読む

「なるほどデザイン」。伝えたいことを伝えるための、デザインの「意味」

以前、ベーコンさんのブログ(ベーコンさんの世界ブログ)で拝見して、気になっていた「なるほどデザイン」。

Kindleでダウンロードだけしてなかなか読めていなかったのですが、最近読んで、確かにこれはすごい!!名著!!と思いました。

デザインとは直接関係ない仕事をされている方でも、「伝えたいことを、ビジュアルを使ってより伝えやすくする方法」をいろいろ勉強できるので、資料作成などの参考になるのではと思います。

この「なるほどデザイン」の話と、仕事*1で常々思っていた「デザインの意味」の話を。

 

  • どう料理すればぱっと見で伝わるか?「なるほどデザイン」
  • デザインの「意味」。デザインには理由がある

 

*1:後半でも触れますが、IT関連の会社で広報やプロモーションをやっています

続きを読む

ゆるさのススメでも説教でもない不思議なキャリア相談と仕事論:「好きなようにしてください」

「好きなようにしてください」。経営学者楠木建さんによる、NewsPicksでのキャリア相談連載をまとめた本。

 

以前からNewsPicksでこの連載を読んでいて、「好きなようにしてください」との決め台詞とともに、仕事に関する持論を展開しながら、相談者を好きなようにバッサバッサぶった斬っていくのが面白いな〜と思っていました。

このタイトル「好きなようにしてください」にやられたこと、また書籍には楠木さんの経営や仕事に関するコラムが追加されているとのことで、手にとってみました。

 

  • 一見ゆるそうな、でもシビアな仕事論
  • オッサンアピールと軽妙な語り口
  • 女性からのキャリア相談に対して
  • 「誰に頼まれたんですか?」

 

続きを読む

働く女子の運命を読んで

濱口桂一郎さんの「働く女子の運命」を読みました。

 

少し前にこちらの、濱口桂一郎さんと上野千鶴子さんの対談がTwitterで話題になっていたのを読み、気になったので購入しました。

働く女子は活躍できるのか? 濱口桂一郎×上野千鶴子、"組織の論理"と"女性の論理"が大激論!(前編) 『働く女子の運命』 (濱口桂一郎 著)|インタビュー・対談|「本の話」編集部|本の話WEB

 

読んでいてちょっと重い気持ちになったので読み進めるのに時間がかかりましたが、

・自分が企業に総合職として働き、子供を産み、産休・育休をいただき復帰したものの、育児との両立に行き詰まり社内でジョブチェンジした経緯の中で感じたことが、わかりやすく言語化されていた

・そしてその現象はどうして起きているのか、が、日本特有の雇用構造、労使関係の歴史から生まれているということがとてもわかりやすく説明されていた

というところがとてもよかったので、ざっと紹介させていただこうと思います。

続きを読む

ゼロ秒思考のやり方と効果② ゼロ秒思考をiPhoneでやってみる

ゼロ秒思考のやり方と効果①の続きです。

①では、育児しながらの仕事の効率化のために「ゼロ秒思考」という本を手にとったこと、ゼロ秒思考の実施で得られた効果、メリットの話を書きました。

 

ただ、この「ゼロ秒思考」は紙とペンを使うのが原則なのですが、育児中だと特に、紙とペンを持ち歩いてすぐに取りだして書く、ということがかなり難しい…

そこで、iPhoneで手軽に実践するその方法の紹介が今回の記事です。 

 

①ゼロ秒思考の概要と効果<前回の記事

「ゼロ秒思考」のやり方と効果① 育児しながらの勤務でさらなる効率化を目指して - IT企業広報で二児の母

 

②紙とペンには限界が…。iPhoneを使ったやり方へ<今回の記事

続きを読む

「ゼロ秒思考」のやり方と効果① 育児しながらの勤務でさらなる効率化を目指して

私は二人子供がいるのですが、第一子の育休復職から一年経過後から、第二子復帰後直後も含めずっとフルタイムで勤務しています。

夫と私両方の両親が遠方にいるため、フルタイム勤務自体、なかなかハードルが高いのですが、数年前の一時期、サービス立ち上げに携わり、非常に多忙な時期がありました。

お迎えが遅くなることも多く、20時頃に保育園に娘を迎えに行くと、娘が最後のひとりということもしばしば…

とはいえ、同じチームの同僚たちは上司も含め終電近くまで仕事をしている状況。
上司は理解があり、最大限の配慮はしていただいていましたが、
これ以上私だけ減らしてもらうというわけには行かない状況でした*1

でも、お迎えや習い事というリミットがある以上時間制約のハンデはどうしようもない

 

ジレンマに悩み、

「なんとかできないのか」
「もっともっと効率化はできないのか」

と悩み続けていました。

 もちろん、仕事の効率化自体は復職後心がけていましたし、なんなら昼休みもデスクで食事しながら仕事をしているような毎日。 

もう切り詰められるところは切り詰めきっている。

何かドラスティックなやり方で変えたい!!! 

と思っていた頃、ふと外出のついでに寄った本屋で見つけたのが

「ゼロ秒思考」

という本でした。

このゼロ秒思考のメソッドには、当時からいままでずいぶんと(特に精神的に)救われた経緯があり、こちらでご紹介したいと思います。

 

①ゼロ秒思考の概要と効果<今回の記事

  • ゼロ秒思考の概要と効果 
    • ゼロ秒思考の3つの恩恵
      • 1)1分という時間制約により、思考のスピードを上げることができた
      • 2)とにかく書き出すことで、「感情」を整理し思考の客観化に役立った
      • 3)書いたメモをカテゴライズすることにより、カテゴライズやツリーを意識するようになった

②紙とペンには限界が…。iPhoneを使ったやり方へ<別記事

③ゼロ秒思考のシリーズ本の紹介<別記事

 

※②、③の別記事はこちらです。

ゼロ秒思考をiPhoneでやってみる(「ゼロ秒思考」②) - 単角子宮で二児の母(予定)

*1:当時昇進を目指していて、成果を出さなければならない状況だったということもあります。やはり成果を出すには時間、量が必要なんですよね…

続きを読む